地盤づくり

HOME > 地盤づくり
 
土台である地盤が大切!!家を建てる前にまずは地盤をしっかりと調査すべきです。 せっかく建てた家が・・・

土地や建売住宅の売り出し広告には、交通の便、日当たり、風通しなどのうたい文句が並び、誰でも物件を選ぶ際には必ずチェックする項目です。
しかし地盤の善し悪しについて触れた広告を見たことがあるでしょうか。
同じように平らに見える宅地でも、場所によってその地盤構造が大きく違います。軟弱地盤なのに有効な対策のないまま家を建てると、不揃いに沈下するいわゆる”不同沈下”が起こります。
地盤は不動、不変のもののように思われていますが、地盤沈下によるトラブルは1,000件に7件以上の割合で起こっているといわれ、決して希なことではありません。


せっかく建てた新居が、傾いてしまったら?

建物が傾きだすとダメージを受けるのが、人間でいう骨格にあたる柱や基礎などの「構造材」です。
しかし、構造材は簡単に交換したり、修復したりできません。
雨漏りなどといったトラブルと違い、家が傾いてからでは遅いのです。
だからこそ、夢にまで見た新居が傾いてしまわないために、地盤を知り、対策を立てることは非常に大切なことです。

せっかく建てた新居が、傾いてしまったら?
宮部造園土木の地盤調査地盤の強度を調べるのに最も普及している調査方法です。 宮部造園土木の地盤調査地盤の強度を調べるのに最も普及している調査方法です。

スクリューポイントを取り付けたロッドに1.0KNまでの荷重を加えて、ロッドがどれだけ地中に貫入するかを測定します。
貫入が止まった後、ハンドルに回転を加えてさらに地中にねじ込み、一定距離を貫通させるのに必要な回転数を測定し、その結果をもとに地盤の強度を判断します。

測定終了後にロッドを引き抜き付着している土の状態を調べますので、ある程度の地質形状も把握できます。
正確な地盤データを収集する為に、弊社では全自動試験で調査を行なっています。(JIS規格 A1221)


宮部造園土木の地盤改良 大切なあなたの土地は大丈夫ですか? 土地評価の目減り問題 土地評価の目減り問題

2003年1月1日より適用された土地評価に関する方針に関する方針をご存じでしょうか?
土地の鑑定時に「土壌汚染」や「埋設物」の有無をチェックし、もし発見されれば、土墳汚染の浄化費用や埋設物の撤去費用を差し引いて算定されるというものです。今では大型物件を中心に適用が開始されています。


環境汚染問題

セメントを使った地盤改良だと、人の健康や自然環境に悪影響を及ぼす非常に危険な発ガン性物質「六価クロム」が発生する可能性があります。
2003年2月15日に土壌汚染対策法が施行されました。この法律によると、もし汚染物質「六価クロム」が発生してしまったら、土地の所有者である皆様は、その汚染物質の浄化義務を負うことになります。

環境汚染問題

宮部造園土木にお任せください! 宮部造園土木にお任せください!

地盤改良とは、建物などを地盤上に構築するにあたり、このような地盤沈下・不同沈下の影響が及びにくくするため、地盤に人工的な改良を加え安定性を保つために行なう工事のことです。

宮部造園土木の提案する地盤改良は、既存の地盤改良工法のようにあらかじめ決まった杭を使ったり、地盤を補強しない工事と異なり、砕石パイルをその地盤にあうように確実な施工で1本づつ造り上げ、砕石パイルと砕石パイル周辺の地盤の支持力を複合させて、地盤の支持力を高める地盤改良工法です。
そのため、将来撤去の必要がなく、環境汚染も起こしません。

このHySPEED工法は、同等の家の重さなら何代にもわたり繰り返し利用できます。また、土地の資産評価にも影響がありません。


point1地震時の衝撃に強い

砕石パイルと原地盤で複合的に面全体で建物を支えているので安定した強さがあります。

point2環境貢献工法

天然の砕石しか使わないので、土壌汚染や環境破壊による周辺地域への悪影響を起こしません。つまり住む人の健康被害を起こしません。

point3産廃費用が発生しない

産業廃棄物(コンクリート、鉄パイプ)として扱われないので、将来取り除く必要がありません。

point4リユースで地球に貢献

将来家の建て替えをするときも、同程度の家であれば、繰り返し使えます。

point5液状化対策工法

地震時の液状化を「ドレーン効果(排水効果)」により抑制します。

point6パーフェクトな工事保障

日本大手保証会社の認定工法です。

point7CO2を5,000kg削減

砕石しか使わないことにより他の工法に比べCO2の排出を少なくします。

point8無公害工法

今まで施工ができなかった地下水の多い地盤やセメントの固まらない地盤、六価クロムの出る火山灰の地盤でも、問題なく施工ができます。

point9遺跡になる工法

セメントや鉄パイプのように劣化したり、さびたりしない永久地盤工法です。

ハイスピード工法の施工方法
液状化抑制のメカニズム
液状化実験


宮部造園土木では、HySPEED専用車両を保有しております 宮部造園土木では、HySPEED専用車両を保有しております。

時間とコストをできるだけ軽減するため、宮部造園土木ではHySPEED専用の車両を保有しております。
お急ぎの工事にも迅速に対応できます。
当社の、HySPEED専用建柱車は自走式で、2tサイズの車のため、2m道路であれば問題なく入ることが可能です。
密集した住宅地などで大きな機材が搬入できないのでは、とお困りの方もぜひ一度ご相談ください。


最新の実績はこちら

地盤保証BIOS

bios 地震に強く、環境にも優しく、資産価値の高い地盤を保証

セメントゼロのオーガニック地盤保証BIOS[ビオス]は、そうした次代のニーズを見据え、地盤の強さだけでなく、土壌の汚染についても確固たる基準を設けることで、地盤を公正に調査・解析し、環境汚染の心配のない安全な地盤を保証します。

bios 調査の前に地盤の安全性を予測する統計システム!地盤改良コストを事前に予測して最適な土地選びを。証 bioscope 決めたはずのコストが契約後にアップするかもしれない?

打ち合わせで予算を決めたはずなのに、予算オーバー…」こんな話を聞いたことはありませんか?
実は住宅購入検討で困ることの1つが、予算と実際の費用との乖離です。「バルコニーがほしい」「天井を高くしたい」、夢を膨らませていくうちに、住宅会社から予算をはるかに超えた金額を提示されることがあります。
ただ、それ以上に困るのは、費用確定後のコストアップです。プランが決まり、土地と建物の費用も決まり資金計画を作った後で、突然コストアップしてしまうことがあるのです。
その理由は、地盤改良の費用です。通用、地盤改良が必要かどうかは地盤調査を実施するまでわかりません。磁場調査の結果、地盤改良が不要であればコストは変わりません。しかし、もし地盤改良が必要になればコストがアップしてしまいます。
安心な住まいづくりのためには地盤の安全確保は必須です。どんなに耐震性の良い家を建てても、どんなにかっこいい家を建てても、地盤事故によって家が傾いてしまっては住むことができません。ですので、もし購入した土地、もしくは購入を検討している土地の地盤の安全性に問題がある場合は、地盤改良をしなければならないのです。

bioscopeと通常の地盤診断の違い コストアップを回避するプレ診断地盤サービス「BIOSCOPE」

予想外のコストアップを実は回避する方法があります。費用が確定する前の段階で地盤改良があるかないかを判別するのです. その事前に地盤火曜の判別をできるサービスがプレ地盤診断サービス「BIOSCOPE」です。
「BIOSCOPE」を利用できる住宅会社・工務店へ行くと、契約前に地盤改良があるかどうかを診断して地盤改良が発生する見込みがが高ければ初めから予算に組み込むことができます。また、土地選びの段階で「BIOSCOPE」の情報があれば、初めから地盤改良が発生しにくい土地を選ぶことも可能です。
もし、「BIOSCOPE」の利用で事前に地盤改良費用を予算に組み込んでいて、正式に地盤調査をした結果、地盤改良が不要であった場合には、建物の性能やデザイン性など、あと少し欲張りたかったクオリティを高めるためのコストとして使うこともできるのです。
地盤改良の知識は難しいイメージがありますが、住宅購入検討者様にとってわかりやすいレポートをお渡しできるようになっております。

BIOSCOPE・地盤調査・HySPEED工法見積り依頼

経営者インタビュー
スタッフ大募集
インスタグラム


施工エリア 宮部造園土木
TEL.048-982-3842 お問い合わせ エントリーする

宮部造園土木株式会社
〒342-0026 埼玉県吉川市土場366-1

◆施工エリア◆
埼玉県、東京都、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県

Copyright© 2017 – ‘2019’ miyabezoendoboku All Rights Reserved.